APIって何?エンドポイントって?

ナレッジ | |

APIとエンドポイント

APIとは、あるシステム「Aシステム(仮)」のデータを取得したり、外からAシステムにデータを登録する際に利用する「窓口」です。

エンドポイントは、この窓口の住所=URLです。

通常、システムは外からアクセスされないように、セキュリティをしっかりはるものですが、APIはあえて外からシステムにアクセスさせるための仕組みです。

ただし、どこからでも無造作に入られては困るので、おかしなデータのやりとりがされないように、しっかりとした監視付きの専用窓口「エンドポイント」を用意しているわけです。

 

WEBの制作者であれば誰しもAPIを使っています。

たとえば、facebook や instagram に投稿したデータをWEBサイトに表示したい場合、それぞれのシステムから投稿データを取得してWEBサイト上で展開します。このときまさにAPIを経由してデータを取得しています。ちなみに facebook のAPIには Graph API という名前がついています。

 

POSTEASE API

POSTEASEも基本的には facebook や instagram と同じ仕組みです。管理画面から登録したデータを、APIを使ってWEBサイトに取り込み表示します。

POSTEASEには POSTEASE API があり、エンドポイント(URL)があります。

WEBサイトのURLが

https://postease.com

だとして、ルート直下に postease というディレクトリ名でPOSTEASEを設置している場合、エンドポイントは

https://postease.com/postease/api/v3/endpoint.php

となります。

 

 

SHARE:

カテゴリー

ABOUT 1

お知らせ 1

ナレッジ 3

関連 ENTRY

タグ

著作権

POSTEASE(ポストイーズ)の著作権は POSTEASE.ORG および開発・運営元である khiten Inc. の所属します。POSTEASEのあらゆる改変・二次販売を禁じます。

Social Links

Developer

POSTEASE.ORG ( khiten Inc. )
contact@postease.org

©2015-2021 POSTEASE.ORG All Rights Reserved